フタミノブログ

マーケティングから技術まで色々

GethによるEthereumブロックチェーン入門の入門 (Gethセットアップ篇)

本記事の目的・対象読者

f:id:nimi0370376:20180324001151p:plain

本記事ではEthereumのフルクライアントであるGethを使ったブロックチェーンの入門の入門を取り扱います。対象読者は下記のような方です。

  • ブロックチェーンに技術的な興味がある
  • 将来dAppsなどの分散型アプリケーションの開発をしてみたい
  • ethereumを技術側から触ってみたい
  • 詳しいことは置いといて、とりあえず自分のPCでethereumの送金を試したい

また、著者もブロックチェーンを勉強中です。自分へのメモとしても公開しています。
すでに詳しい方で「こんな情報あるよ」「ここが間違っているよ」などがありましたら、コメントに残していただけると幸いです。

また入門の入門なのでブロックチェーンの概念やEthereumの詳解などは致しません。
上記の項目を了承いただいた上で読み進めていただけると幸いです。

Gethとは

前述したように今回取り扱うGethは、Ethereumのフルクライアントになります。Gethを使うと下記のことができるようになります。

etherはEthereumの暗号通貨になります。各ノードでこのetherをやりとりします。また、トランザクションは1回の取引(送金)を指します。

トランザクションについて詳しく知りたい方は下記のブログが参考になると思います。

blockchain.gunosy.io

Gethをインストールする

Mac OSにインストールする方

Mac OSの方はhomebrewからのインストールが可能です。
まず、xcodeがインストールされていない方は、xcodeをインストールします。次にターミナルから下記のコマンドを実行します。

$ xcode-select --install

続いて、下記のコマンドを実行すればHomebrewのインストールができます。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/Library/...
/usr/local/share/man/man1/brew.1
==> The following directories will be made group writable:
/usr/local/.
/usr/local/bin
/usr/local/lib
/usr/local/share
/usr/local/share/doc
==> The following directories will have their group set to admin:
/usr/local/bin
/usr/local/share
/usr/local/share/doc

Press RETURN to continue or any other key to abort
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /usr/local/. /usr/local/bin /usr/local/lib /usr/local/share /usr/local/share/doc

WARNING: Improper use of the sudo command could lead to data loss
or the deletion of important system files. Please double-check your
typing when using sudo. Type "man sudo" for more information.

To proceed, enter your password, or type Ctrl-C to abort.

Password:
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/chgrp admin /usr/local/bin /usr/local/share /usr/local/share/doc
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir /Library/Caches/Homebrew
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /Library/Caches/Homebrew
==> Downloading and installing Homebrew...
remote: Counting objects: 184874, done.
remote: Compressing objects: 100% (50748/50748), done.
remote: Total 184874 (delta 133006), reused 184810 (delta 132957)
Receiving objects: 100% (184874/184874), 36.91 MiB | 57.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (133006/133006), done.
From https://github.com/Homebrew/homebrew
 * [new branch]      master     -> origin/master
HEAD is now at 601338e Remove proc handling from BuildEnvironment
==> Installation successful!
==> Next steps
Run `brew doctor` before you install anything
Run `brew help` to get started

続いて、homebrewからgethをインストールします。
下記コマンドを実行して完了です。

$ brew tap ethereum/ethereum
$ brew install ethereum

Ubuntuにインストールする方

Ubuntuにインストールする方は下記のコマンドを実行することでGethを自分のマシンに取り込むことができます。

$ sudo add-apt-repository -y ppa:ethereum/ethereum
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ethereum

Gethを動かしてみる

それでは実際にインストールしたGethを自分のマシンで動かしてみます。

genesisファイルを作成する

任意のディレクトリにブロック情報やgenesisファイルを格納するフォルダを作成します。

著者はデスクトップから動かしたかったので、下記のコマンドで実行しました。

$ mkdir ~/desktop/eth_private_net

上記ディレクトリに移動し、ディレクトリ内にmygenesis.jsonを作成してください。下記のjsonコードを入力して保存します。

{
  "config":{
    "chainId":15
  },
  "nonce":"0x0000000000000042",
  "timestamp":"0x0",
  "parentHash":"0x0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000",
  "extraDate":"",
  "gasLimit":"0x8000000",
  "difficulty":"0x4000",
  "mixhash":"0x0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000",
  "coinbase":"0x3333333333333333333333333333333333333333",
  "alloc":{}
}

このjsonファイルには最初のブロック(genesisブロック)の情報が書かれています。主な情報は下記になります。

  • nonce
  • gasLimit
    • コントラクトのやり取りに必要なgasを制限する情報。更新することも可能

genesisブロックの初期化

下記のコマンドでgenesisブロックを初期化することができます。

$ geth --datadir ~/desktop/eth_private_net init ~/desktop/eth_private_net/myGenesis.json

INFO [03-21|18:42:34] Maximum peer count                       ETH=25 LES=0 total=25
INFO [03-21|18:42:34] Allocated cache and file handles         database=/Users/username/desktop/eth_private_net/geth/chaindata cache=16 handles=16
INFO [03-21|18:42:34] Writing custom genesis block 
INFO [03-21|18:42:34] Persisted trie from memory database      nodes=0 size=0.00B time=17.266µs gcnodes=0 gcsize=0.00B gctime=0s livenodes=1 livesize=0.00B
INFO [03-21|18:42:34] Successfully wrote genesis state         database=chaindata                                                 hash=7b2e8b…7e0432
INFO [03-21|18:42:34] Allocated cache and file handles         database=/Users/username/desktop/eth_private_net/geth/lightchaindata cache=16 handles=16
INFO [03-21|18:42:34] Writing custom genesis block 
INFO [03-21|18:42:34] Persisted trie from memory database      nodes=0 size=0.00B time=3.252µs  gcnodes=0 gcsize=0.00B gctime=0s livenodes=1 livesize=0.00B
INFO [03-21|18:42:34] Successfully wrote genesis state         database=lightchaindata                                                 hash=7b2e8b…7e0432

Geth起動

実際にGethを起動します。

$ geth --networkid "15" --nodiscover --datadir "~/desktop/eth_private_net" console 2>> ~/desktop/eth_private_net/geth_err.log

少し長いですが、一つずつ見ていきます。

  • networkid
    • ここで整数のIDを指定することで、ライブネットとは異なるネットワークを起動することが可能です。genesisブロックで指定したchainIdと同じものを指定しましょう。
  • console
    • Gethには採掘やトランザクションの生成などを対話的に進めることができるコンソールが用意されています。consoleオプションでそのコマンドを立ち上げることが可能です。
  • geth_err.log
    • cosoleで立ち上げるlogが格納されているファイルです。

下記のlogが出たら成功です。

Welcome to the Geth JavaScript console!

instance: Geth/v1.8.2-stable/darwin-amd64/go1.10
 modules: admin:1.0 debug:1.0 eth:1.0 miner:1.0 net:1.0 personal:1.0 rpc:1.0 txpool:1.0 web3:1.0

>

実際にgenesisブロックを見てみましょう。

> eth.getBlock(0)
{
  difficulty: 16384,
  extraData: "0x",
  gasLimit: 134217728,
  gasUsed: 0,
  <略>
  uncles: []
}

こんな感じにgenesisブロックの情報が表示されたら成功です!

下記のコマンドでgethのconsoleを終了できます。

>exit

さてgethのセットアップが完了したところで、次に実際にehtherの採掘をしてみます。
現在情報を整理している最中なので、少々お待ちください。

GethによるEthereumブロックチェーン入門の入門 その2
GethによるEthereumブロックチェーン入門の入門 その3

参考にした記事

MacにHomebrewをインストールする

内定を貰ってから入社するまでに考えるべき4つのこと

f:id:nimi0370376:20180321015647p:plain

ランチをしていく中で色々考えるべきことがあったので、メモ程度に残しておく

自分は組織の中でどう生きていくか

新しく会社という組織に属していくに当たって、自分がどのような立ち回りで生きていくかは非常に大切な要素の一つとなってくる。

 

組織の中で自分にしか出せない強みは何か、自分がコミットすることで組織がどう成長していくかは考えておきたい。

 

このときにロールモデルとなる人や、役職があれば頭に残しておきたい。

 

続きを読む

「それ、根拠あるの?と言わせないデータ・統計分析ができる本」で学んだこと

f:id:nimi0370376:20180101013642p:plain

 

あけましておめでとうございます!

2018年もよろしくお願いします!

 

年末年始は空き時間に本を読んでいまして、ちょうど読み終わった本があったのでメモがてら残しておきます。

現在Rettyでデータ分析をしているのですが、そのデータ分析の入門書のようなものを借りていました。学んだことをいくつかシェアします!

 

 

 

  • それ、根拠あるの?と言わせないデータ・統計分析ができる本とは
  • 平均、中央値、分散、標準偏差について
    • 平均値はデータを代表する値か?
    • 各値がどれくらい平均から離れているか
    • ヒストグラムでばらつきを可視化
    • 標準偏差STDEVP関数とSTDEV関数の違い
  • 相関係数と回帰分析について
    • 相関係数を扱う際に注意点について
      • (1)単なるデータの偶然
      • (2)単に"関連"のあるデータの組み合わせ
      • (3)疑似相関
      • (4)因果関係の有無
      • (5)原因を1つだけと決めてしまうリスク
      • (6)データの期間
    • 回帰分析でより具体的な施策に落とし込む
  • 2018年はもっと色々な分析方法を勉強したい

 

続きを読む

2017年をまとめておく

2017年も残すところ2日になって、だんだん年の瀬感が増してきましたね。

去年もやったのですが、今年も1年間をまとめておこうと思います。

僕自身の1年間ですが、今年は昨年比べると落ち着いた年だったように思えます。ただし、学びもたくさんあったのでその辺をこの記事に残せたらと思ってます。

 

  • スタートアップでの1年間
    • マーケの仕事について
    • マーケの仕事の反省
  • 進路を考え始めた秋
    • 自分は何がやりたいのか
    • 自分の立ち位置を考えた
    • 逆求人のイベントに参加
  • 就職活動を始めた冬と環境の変化
    • 1年2ヶ月いたスタートアップをやめる
    • 新たな環境
  • 自分でサービスを作ることに関して
  • 2018年に向けて

 

続きを読む

インスタンスメソッドとクラスメソッドの違いに入門してみる その2

f:id:nimi0370376:20171218122830p:plain

インスタンスメソッドとクラスメソッドの違いに入門してみるのその2になります。

前回のエントリは下記からご覧ください。

nimi0370376.hatenablog.com

今回は、selfキーワードやらクラスの継承やらをメモに残しておきます。

  • selfキーワードに関して
  • クラスの継承
  • メソッドの公開レベル
    • privateメソッドについて
    • メソッドレベルを後から変更
  • 変数について
続きを読む

インスタンスメソッドとクラスメソッドの違いに入門してみる その1

f:id:nimi0370376:20171218004350p:plain

久しぶりです! 引き続き

プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで (Software Design plusシリーズ)

をやっていきます。 今日からオブジェクト指向とクラスの話になるので、少し時間がかかりました。

特に自分の中でもクラスメソッドとインスタンスメソッドの使い分けがいまひとつで、そこを整理するためにブログに残しておきたいと思います。

続きを読む

正規表現に入門してみる

f:id:nimi0370376:20171213000155p:plain

プロを目指す人のためのRuby入門の続きをやっていきます。 今回は正規表現です。正直今まで正規表現はやったことがなかったので、本当に入門からやっていきます。

続きを読む