読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境で起業するまで

環境×ITのサービスをローンチするまでのお話

人生の"レール"を外れた大学生に会ってきました。

偉人 起業 訪問

こんばんは!

本日は、ある方にお会いしてきました。

 

f:id:nimi0370376:20161001225419j:plain

 

石田祐希@yuki1y1m)さん!

 

 

www.ishidanohanashi.com

 

 

 

そのブログを読んで、その生き方に感動を覚えてアポを取ってあって頂きました。

実際にいろんなお話しを伺うことができて、石田さんのその人柄にも感動しました。

紹介は今回は割愛しますが、とにかく面白い方でした。

数ある話の中から特にこれは特筆したいなというものをかいつまんで書きます。

 

  1. 情報公開の意味
  2. 読書について
  3. 批判に対して

 

 

1,情報公開の意味

知ってらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、石田さんは様々なことを赤裸々に情報公開しています。

www.ishidanohanashi.com

 

こんな風に自分の夢や考えを書いたり、

 

www.ishidanohanashi.com

 

こんな風に自分の考えていることをブログで公開したりしています。

そもそも僕自身ここまで赤裸々に書くことは「批判」を気にしますし、事業内容だって取られたらどうしようという念に駆られて中々出来ません。

でも、石田さんにはある程度考えがあってどれも公開しているものらしいです。

その賢さは普通の人にはありません。。。

 

何よりもバズったことでいろんな利益があったらしいです。一気に人に知ってもらえたこと、いろんな人と繋がったこと。それは公開するデメリットに比べたらはるかに大きいのかもしれません。

それを体現しているのが石田さんですね笑

 

 

2,読書について

石田さんは実際ブログ中で、自己投資の大切さについて書いています。そのことに関しては石田さんのブログを実際見てもらった方が早いと思います。

自己投資とは、具体的に読書のことです。石田さんは1日に3冊の本を読んでいるらしいです。僕自身も読書は結構している方だという自負がありますが、さすがに1日に3冊は読めていません。その方法についても聞いてきました。

 

ポイントとしては、

  • 目的を持って読み始めること
  • 必要な情報だけ掻い摘むこと

 

この2点だとおっしゃっていました。まず、本というのは短いものもありますが、長いものもあります。すべて受動的に読むのは情報収集の効率が悪いので、ある程度この情報がこの本からは欲しいなと決めて読み始めるらしいです。そこで目次から選び読んでいくという感じらしいです。

 

情報収集の仕方としては、やっぱり目的意識がはっきりしていてすごいなと感じました。

 

3,批判について

これだけたくさんの情報を公開している石田さんですが、やっぱりデメリットもついてきます。外野の声とはいえある程度の「批判」というのは寄せられているといいます。

僕はそこからどうやって立ち直ったのかについて聞いてきました。

 

  • 自分を信じること

この一点でした。自分で決めたことは公開せずに突き進んでいくだけというポリシーのもと今日も目標に対して邁進していました。

 

 

最後に、

 

僕は今日石田さんにお会いしてかなり感動しました。年齢でいうと僕が一つ上になります。それでも目標に着実に近づいていますし、努力は常にしているんだなと感じました。何よりも彼は "成功"するんだろうなって純粋に思いました。それがいつになるか分かりませんし、何を持って成功とするのかもわかりませんが、ある程度の目標は達成してくれるんではないかという期待を抱かせます。

 

僕は石田さんを純粋に尊敬しましたし、応援する一人です。また僕自身も自分のサービスをローンチするのが最後のゴールになります。石田さんに負けないようにやっていかなくてはと感じました!

 

石田さん、ありがとうございました!