麻布十番で働くデータ分析者のブログ

グロースハック、プログラミング、データ分析の色々を発信します

2018年の振り返り

2018年も大晦日になりましたので、今年1年を振り返るブログを書こうと思います。個人的に2018年は自分自身と他の人の矢印を意識する年だったなと思います。

分析インターンについて

現在いるインターン先は2017年末から所属しているので環境面として大きく変わったことはなかったなというのが正直な感想です。
 
年の初めは自分のやるべきことやバリューがいまいちよく分からない時期があり、少し苦しかったのを覚えています。4月から自分の所属する分析チームが所属してからは目の前の仕事で手いっぱいでどうやってバリューを発揮するかに一生懸命だった気がします。
 
ただ4月以降はやることが明確だったため比較的精神的に楽になりました。
 
8月くらいになると自分1人だった内定者も増えて、仕事面では充実していました。10月以降は扶養控除の関係でインターンを休んでいました。
 
休養期間はプログラミングの勉強をしたり、統計学の勉強をしていました。ただ、自分のバリューは他のところにあるということに12月になってから気づきました。
 
無い物ばかりに目が向きがちですが、自分の持っているものの中から最大限バリューを発揮できるものは何なのかを気付かされたここ数ヶ月だった気がします。
 

私生活面について

業務面以外については、他の人との関係性や付き合い方に大きく悩んだ1年だった気がします。

特に同じ会社の内定者の1人とここ数ヶ月ぶつかることが再三ありました。この内定者をAさんとします。

個人的にAさんのことは非常に尊敬していますし、人間として非常に好きです。好奇心旺盛で、勉強熱心な一面もあり、同じ内定者として非常に誇りに思っていました。

 

またインターンを休んでいた期間もAさんには非常にお世話になりました。休養で向かった長野ではいろんな人を紹介してもらったり、将来について話したりしていました。

僕自身スタートアップ界隈にいたり、自分でプロダクトを作っている人ばかりを見ていたので、Aさんが見せてくれる世界だったり価値観は非常に新鮮でした。

 

ただ、仲が良かった反面ぶつかることが何回かありました。1回は会社の人も巻き込んでしまって申し訳ないなと思いました。

 個人的にこんなにも短期間で同じ人とぶつかることがなかったので、自分のあり方を見つめ直す機会にもなっています。

また、Aさん以外にも他の人との関係で悩むことがいくつかあったので、この辺りの悩みを学びに変えて2019年は過ごしたいなと思います。

 

2019年にやりたいこと

2019年は結果を残す年だと思っています。内定者という期間も終わるので、しっかりと結果を残す年にしたいです。

 

2017年や2018年は色々なことを勉強することができました。業務面のスキルだけでなく、仕事の仕方やインプットの方法まで色々です。ここから1年はその分を全て結果に反映させていくべきだと思っています。

また、自分がしたことのないことに挑戦するというのも目標に入れます。自分の触れたことのない価値観やプロダクトに積極的に関わりたいと思います。

 また4日から会社近くに引っ越すことに決めました。大学へのコミットを完全になくし、結果を残すことに専念したいと思います。

 

人との関わり方についても全てを学びに変えていきたいと思います。来年はよりより報告ができるように引き続き頑張っていきます。